下取りと買取の違いとは?

 

買い取りと下取りの違い

 

 

買取りと下取りの違いをちゃんと理解して、愛車の正しい現在の評価を知ることが重要です。


 

 

下取りとは?

ディーラーで新車を買う場合、乗っている愛車をそのディーラーへ売却して、次のクルマの購入資金に充てること。

 

愛車をディーラーで下取ってもらう場合、各会社が設定している下取り価格表を元にし、そこから車両の傷などを考慮の上、減額法で価格を出します。

 

価格表は随時更新されますが、業者間オークション相場には連動していない時もあります。

 

次に同じ販売店でクルマを買うことを前提としているため、シャトルの新車販売価格の調整も加味されて最終価格が決められる例が多い。

 

あと残念ですが、せっかく付けた社外品パーツの評価はほとんど無いので期待しない方が良いでしょう。

 

 

買取りとは?

愛車を売却して、キャッシュを受け取ること。

 

買取り価格は、 業者間のオークション相場を基本に現在買取りできる最高値を基本価格とし、装備(社外品含む)やクルマの程度などを考慮して算出する。

 

中古車相場はオークション会場や地方の違いによっても相場は変わります。

 

しかし、ガリバー等の大型買取専門店の場合、 最新の全国相場情報を網羅して基本価格を決定しているため、より高い価格で買取りしてくれる場合が多い。

 

また、エアロや、アルミホイールなどの社外品パーツもプラス評価対象としてくれます。

 

 

下取りと買取どちらがお得?

下取りも買取りも、会社が持っているベースの価格からクルマの程度を見て最終価格を決めています。

 

よって、ベースの価格が高いほうがお得となるわけですが、多くの場合常に高値を追求している大型買取専門チェーンの方が高い場合が多いです。

 

ただ、ディーラーの年度決算セールなどの「下取り強化キャンペーン」などで下取り価格に上乗せしてくれる場合もあります。

 

 

下取りと買取価格の違いの例を実際にご紹介します

 

 

よって損しないためにも、 前もって買取専門店の無料査定を受けておくのが賢い売却の仕方だと思いますね。

 

 

 

 

 

今月のシャトルの値引き額を見る  シャトル 値引き